次のばらばらのアルファベットから8つのクルマの名前(縦に4つ、横に4つ)を組立てましょう! どんなクルマが見えてきますか?

[A][C][E][E][E][I][I][L][N][N][N][O][S][S][T][T]


↑(アルファベットのカット&ペーストでご利用どうぞ。)













c
















M
O
V
E






D
I
A
M


rgot
AL
ia
SPR R

o
r







T
A







E
C
U
S
T
O
M














8つのクルマの名前は分かりましたか?

ヒントが欲しいですか? 8つのうち、1つだけ紹介しましょう。これです。

「ディアマンテ」



難しい? じゃ、特別もう一つヒントをどうぞ! これです。

「セルシオ」



まだ難しい? これが最後のヒントです。 2ついきましょう。どうぞ。

「ムーヴコンテカスタム」

「アリオン」





















隠れてたクルマはこの8つでした。

  1. CELSIOR (c【elsi】or) → セルシオ
  2. SIENTA (【SIEN】TA) → シエンタ
  3. MOVECONTECUSTOM (MOVE【CONT】ECUSTOM) → ムーヴコンテカスタム
  4. DIAMANTE (DIAM【ANTE】) → ディアマンテ
  5. ESCARGOT (【Esca】rgot) → エスカルゴ
  6. ALLION (AL【LION】) → アリオン
  7. SENTIA (【sent】ia) → センティア
  8. SPRINTER (SPR【INTE】R) → スプリンター












c
















M
O
V
E






D
I
A
M


rgot
AL
ia
SPR R

o
r







T
A







E
C
U
S
T
O
M














クルマのひとくち情報

ハイブリッドカーとプリウス
ハイブリッドカーといえばトヨタのプリウスを連想する人はかなり多いですよね。プリウスがハイブリッドカーの知名度を高めたといっても過言ではないでしょう。プリウスがなければ、今ほどハイブリッドカーが普及していたでしょうか?ハイブリッドカーの時代を作ってきたのはプリウスかもしれませんね。

事故車も買われてる
走行不能な修理前の事故車も買取されてます。事故車だからといってあきらめることはないです。事故車の選択肢には、廃車や修復の他、買取というのもあります。事故車をどうするか迷ったら買取り査定を受けてみるのも一つの方法ですね。査定価格が分かれば検討はもっと具体的にできますね。

古い車の価値
故障も少なく、まだまだ現役として十分使える車でも、年式が「古い」というだけで査定額がゼロとされる場合があります。あと数年は高速道路だって大丈夫な愛車が、ジュース一本分の価値もないと評価されるのは辛いですね。でもこれは価値がないのではなく、買い手が見つけにくいことの表れ。ですので例えば海外に販路を持つ買取店なら、もっと価値を認めてくれる可能性は高いんです。

日本の自動車メーカー
日本の自動車メーカーで身近なメーカーといえば、乗用車を作っているトヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スバル、レクサス、スズキ、ダイハツ、光岡などでしょうね。スズキやダイハツは軽自動車で人気ですし、光岡は個性的な車で知られてます。トヨタは世界的にトップレベルの販売台数を誇ります。どのメーカーも特徴たっぷりですね。

カーシェアリング
カーシェアリングは複数の人で1台の車を共有するという車の利用形態です。利用頻度が高い人には向いていませんが、あまり車を使う機会が多くない人にはメリットの高い利用形態です。固定費となる維持費を何人かで分け合えるので、負担が少なくなります。本当はマイカーにこだわる必要はないのかもしれません。一度検討してみると良いですよ。

TOPpageプライバシーポリシー管理人紹介とリンクについて
Copyright © 2009-2011 クルマじから※自動車を見つける遊び. All rights reserved

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)