次のばらばらのアルファベットから8つのクルマの名前(縦に4つ、横に4つ)を組立てましょう! どんなクルマが見えてきますか?

[A][A][A][C][D][E][E][E][G][I][I][M][R][R][R][T]


↑(アルファベットのカット&ペーストでご利用どうぞ。)













R








S
T









M








S
O


FIT
ic
S A
PR AWAGON

s

















t
I
I


















8つのクルマの名前は分かりましたか?

ヒントが欲しいですか? 8つのうち、1つだけ紹介しましょう。これです。

「ステージア」



難しい? じゃ、特別もう一つヒントをどうぞ! これです。

「ソアラ」



まだ難しい? これが最後のヒントです。 2ついきましょう。どうぞ。

「セドリック」

「ラクティス」





















隠れてたクルマはこの8つでした。

  1. RACTIS (R【acti】s) → ラクティス
  2. STREAM (ST【REAM】) → ストリーム
  3. MIDGETII (M【idge】tII) → ミゼットII
  4. SOARER (SO【ARER】) → ソアラ
  5. FITARIA (FIT【ARIA】) → フィットアリア
  6. CEDRIC (【Cedr】ic) → セドリック
  7. STAGEA (S【TAGE】A) → ステージア
  8. PRIMERAWAGON (PR【IMER】AWAGON) → プリメーラワゴン












R








S
T









M








S
O


FIT
ic
S A
PR AWAGON

s

















t
I
I


















クルマのひとくち情報

インチアップ
インチアップはタイヤに関わるチューンナップのことです。タイヤのホイールのリム径をより大きなものに交換すること。基本的にはホイールサイズのみ大きくするというもので、ホイールが目立ちやすくなります。視覚的な効果を狙ってドレスアップに利用する人も多いようです。

愛車を手放すとき
愛車を手放すときの選択肢は、買取店への買取り、次のクルマを購入する販売店による下取り、もし買い手がない場合は廃車でしょうね。なんにしても買取から考えるのがオトクの基本です。買取りと下取りでは査定方法が違います。また、海外に販路を持った買取店なら年式が古い車や過走行の車でも買取る場合が増えています。買取からが基本です。

日本車の中古車が海外で人気
日本車は中古車でも海外で人気です。それを背景に日本からの中古車の輸出は意外に多いです。このことから、国内では買い手探しが難しかった古い年式の車や過走行の車も中古車として買取られる機会が拡大しているようです。日本車はそもそも性能もよく人気も高いのですが、さらに国内の道路の舗装率の高さや車検制度などにより、中古車にも高い品質が期待できる事が人気の秘密のようです。

海外の自動車メーカー
海外の自動車メーカーといえば、アメリカのGM、クライスラーのほか、ドイツのBMW、フォルクスワーゲン、アウディ、メルセデス・ベンツ、オペル、マイバッハなど。イギリスならジャガー、ロールスロイス、ローバー、ベントレーなど。フランスのシトロエン、プジョー、ルノーなど。韓国ならヒュンダイなど。挙げてみると世界には数々の自動車メーカーがありますね。

キーレスの電池
キーレスエントリーのボタンが反応せずに、ものすごくあせったことがあります。単に電池切れでした。でも、電池切れに気づけないとかなり焦ります。カギが反応しないとどうしようもできないですからね。ちなみに電池交換は意外と簡単で、知ってる人なら何てことないことなのでした。

英語のことのさんこうに.

TOPpageプライバシーポリシー管理人紹介とリンクについて
Copyright © 2009-2011 クルマじから※自動車を見つける遊び. All rights reserved

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)