次のばらばらのアルファベットから8つのクルマの名前(縦に4つ、横に4つ)を組立てましょう! どんなクルマが見えてきますか?

[A][A][E][E][I][I][I][L][M][N][R][R][S][S][T][T]


↑(アルファベットのカット&ペーストでご利用どうぞ。)












S
T




























F
I


a
SI
CH
FA A










G
H
T






L
A







A











8つのクルマの名前は分かりましたか?

ヒントが欲しいですか? 8つのうち、1つだけ紹介しましょう。これです。

「インサイト」



難しい? じゃ、特別もう一つヒントをどうぞ! これです。

「チェイサー」



まだ難しい? これが最後のヒントです。 2ついきましょう。どうぞ。

「ストリーム」

「フィットアリア」





















隠れてたクルマはこの8つでした。

  1. STREAM (ST【REAM】) → ストリーム
  2. INSIGHT (【INSI】GHT) → インサイト
  3. STELLA (【STEL】LA) → ステラ
  4. FITARIA (FI【TARI】A) → フィットアリア
  5. ARIST (a【rist】) → アリスト
  6. SIENTA (SI【ENTA】) → シエンタ
  7. CHASER (CH【ASER】) → チェイサー
  8. FAMILIA (FA【MILI】A) → ファミリア











S
T




























F
I


a
SI
CH
FA A










G
H
T






L
A







A











クルマのひとくち情報

日本のサーキット
サーキットといえば、鈴鹿サーキットが最も有名です。そのほか、富士スピードウェイ、新東京サーキット、筑波サーキットもあります。意外と調べるとサーキットは北海道から九州まで全国各地にあるのでした。でも閉鎖されたサーキットもけっこうあります。サーキットといえばモータースポーツの基本ですね。

マイカー以外の選択
車といえばマイカーというのは昔の常識かもしれません。今やマイカー意外にも車を利用する方法がいろいろあります。例えば、リース、レンタカー、カーシェアリングなど。いずれも特徴があります。常に新しい車を乗りたい人はリースがオトクでしょうし、車の利用頻度が少ない人はカーシェアリングやレンタカーがお得です。一度クルマのあり方について考え直してみると良いかもしれませんね。

ハイブリッドカーとプリウス
ハイブリッドカーといえばトヨタのプリウスを連想する人はかなり多いですよね。プリウスがハイブリッドカーの知名度を高めたといっても過言ではないでしょう。プリウスがなければ、今ほどハイブリッドカーが普及していたでしょうか?ハイブリッドカーの時代を作ってきたのはプリウスかもしれませんね。

事故車も買われてる
走行不能な修理前の事故車も買取されてます。事故車だからといってあきらめることはないです。事故車の選択肢には、廃車や修復の他、買取というのもあります。事故車をどうするか迷ったら買取り査定を受けてみるのも一つの方法ですね。査定価格が分かれば検討はもっと具体的にできますね。

古い車の価値
故障も少なく、まだまだ現役として十分使える車でも、年式が「古い」というだけで査定額がゼロとされる場合があります。あと数年は高速道路だって大丈夫な愛車が、ジュース一本分の価値もないと評価されるのは辛いですね。でもこれは価値がないのではなく、買い手が見つけにくいことの表れ。ですので例えば海外に販路を持つ買取店なら、もっと価値を認めてくれる可能性は高いんです。

60代の英語・英会話のことのさんこうに. 語学学習・語学習得のことのさんこうに.

TOPpageプライバシーポリシー管理人紹介とリンクについて
Copyright © 2009-2011 クルマじから※自動車を見つける遊び. All rights reserved

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)