今月(2019年03月)も好調♪ 廃車とあきらめる前の【無料一括査定】

廃車

以前なら廃車とあきらめてたクルマが、今では廃車ではなく買取りされてます。

どうして? それは海外での日本の中古車人気も関係してます。

日本の中古車人気の背景には、優れた車検制度や国内舗装率の高さ、日本人の車を大切にする気質などが評価されてるようです。

また、クルマとして価値を失っても、貴重な部品を確保するためのクルマとしてまだ価値があるかもしれません。

また、不景気を背景に、クルマにかけるお金を見直し、古くても走ればいいと割り切る人がいるかもしれません。

さまざまな視点で評価する買取店が、車の査定で競うから、以前なら廃車が当たり前だったクルマでも買取チャンスが生まれてます。

廃車のリサイクル料
廃車にするときリサイクル料が必要です。これは、2005年に施行された自動車リサイクル法によって導入された仕組みです。車の廃材の引き取りや、リサイクルなどに関わる費用をクルマの所有者が負担します。マイカー所有者の環境に対する責任の一つとなりました。

廃車の依頼先
廃車の依頼先には、いくつか選択肢があります。でも廃車にするのは買取で査定額がつかないことを確認してからにしましょう。意外に売れる場合があります。さて、廃車の依頼先ですが、(1)車の販売店(2)廃車代行店(3)解体業者などがあります。どこに頼むにしても、良心的なところを選びたいですね。税金や自賠責の還付金について聞いて説明がしっかりしているところを選ぶといいと思います。

ローンが残った愛車を廃車
ローンが残っているマイカーを廃車にしたいときは、ローン会社などに相談する必要があります。車検証を見ると分かりますが、通常ローンで買った車の所有者は販売店やローン会社になっています。ですので、勝手に処分することができません。事故などでやむを得ない状況なのか?一括返済するつもりなのか?いろいろ状況はありますが、いずれにしてもローン会社は無視できませんよ。

事故で廃車
事故でクルマが壊れたとき、修理するか、乗り換えるか迷うところです。費用的に問題なければ、乗り換えたいところでしょうね。もし修理前の事故車が売れるとしたらどうしますか?乗換えできる可能性はグッと高まりますよね。修理前の事故車でも無料で買取り査定が受けられます。迷うのは査定を受けてからでも遅くないですね。

廃車時の税金の還付
廃車の手続きで忘れられないのが税金の還付です。前払いの税金は、廃車時に残りの期間分について還付してもらう事ができます。気づかず放っておく人もいるようです。もったいないですね。また還付は月割り計算なので廃車時期が月をまたぐような場合はできるだけ手続きを急いだほうがいいです。還付される税金が1か月分も違いますからね。

Copyright © 2007-2011 /廃車手続きは待って/古い車も事故車もこの方法で高く売れてます. All rights reserved