今月(2018年05月)も好調♪ 廃車とあきらめる前の【無料一括査定】

廃車

以前なら廃車とあきらめてたクルマが、今では廃車ではなく買取りされてます。

どうして? それは海外での日本の中古車人気も関係してます。

日本の中古車人気の背景には、優れた車検制度や国内舗装率の高さ、日本人の車を大切にする気質などが評価されてるようです。

また、クルマとして価値を失っても、貴重な部品を確保するためのクルマとしてまだ価値があるかもしれません。

また、不景気を背景に、クルマにかけるお金を見直し、古くても走ればいいと割り切る人がいるかもしれません。

さまざまな視点で評価する買取店が、車の査定で競うから、以前なら廃車が当たり前だったクルマでも買取チャンスが生まれてます。

査定ゼロ
年式の古いクルマの場合、査定額がゼロということも珍しくありません。きちんと走れるクルマに価値がないというのも変な気がしますが、買い手を見つけられそうにない場合、買取店もお金を出すわけにはいきません。ただ、海外での日本の中古車人気を受けて、買取店によっては古い車も積極的に買取るところがあります。あきらめるのは早いかもしれませんね。

バンパーのへこみ
近頃、金属ではないバンパーが増えました。そんなバンパーの凹みって、意外なほど簡単に、しかもきれいに直ることがあります。温めて、ちょっと衝撃をくわえるだけで、戻ってくるパターンです。修理店で数万円の見積の場合でも、馴染みの整備工場に頼んだら無料でものの数分で直してくれました。

車の査定もニオイに敏感
自動車の査定でもニオイは大事です。気になるニオイといえば、タバコやペット。好きな人はそれほど気にしないかもしれませんが、一般的にイヤに感じる人は多いです。昔の人より、今の人はニオイに厳しい傾向がありますし、少しでも高く売りたいなら、ニオイの原因は車に持ち込まないことが大事ですね。

一般廃車
廃車には2種類があります。一般廃車と永久廃車。一般廃車は、車両は使用しないもののナンバーを返還して登録のみ抹消する状態にすることです。暫く使う見込みはないけど、手放したくない愛車にはこの方法がいいでしょう。登録を抹消しておけば、不要な自動車税がかからなくて済みます。

クルマの書類揃ってますか?
クルマの書類は通常クルマの中に入れておきますが、きちんと揃っているでしょうか?車検や乗換え、廃車などなど必要なときに書類が揃っていないと手続きが面倒になります。分かる場所に保管しておきましょうね。主な書類では、車検証、自賠責、納税証明書、任意保険に加入している人はその保険証などですね。

Copyright © 2007-2011 /廃車手続きは待って/古い車も事故車もこの方法で高く売れてます. All rights reserved